シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ついに郵便局でも格安スマホの販売開始!次々に広がる格安スマホ!

日本郵便で個人向けの格安スマホ斡旋販売の開始!!SIMロックフリー端末をセットのIIJmio!

ついに郵便局でもスマホが販売される時代になりました。

2016.7.11 郵便スマホ2

しかしよくよく調べてみると…

IIJの商品カタログを郵便局に置くだけ!?

これが斡旋販売というものでしょうか。

販売開始は2016年8月1日からです。

最初は東海4県(岐阜県、愛知県、静岡県、三重県)でのスタートです。

  • 購入方法や利用方法
  • 料金契約プラン

等について調べてみました。

気になる購入・利用方法は?

利用方法がIIJのHPに下記のように記載されています。

  1. 郵便局店頭に設置したカタログを入手いただき、電話もしくは付属のハガキで「申込書」をご請求
  2. 申込書一式が郵送で届きますので、ご記入のうえご返送
  3. 設定済のスマートフォンがお客様の手元に郵送で届き、電源を入れるだけで使用可能

2016.7.11 郵便スマホ

※IIJ公式HPより抜粋

ご覧になってわかるように、郵便局が関わるのは最初の商品カタログ設置のみです。

その後は申込者がIIJに申込書の請求や問い合わせを行いまます。

実際の申し込みのやり取りもIIJです。

郵便局が入る意味はどこにある?

IIJにしてみれば郵便局の客層を狙えるチャンスになるでしょう。

しかし郵便局にしてみれば、IIJからの仲介手数料以外にメリットはありません。

日本郵便㈱とIIJの契約内容はわかりませんが、今後他社の格安スマホを取り扱いたくても郵便局では取り扱いができないでしょう。

そうなると、ただ設置するだけであとは申込者任せという無責任な郵便局の立場は良くないものかもしれません。

一応スマートフォン初心者や高齢者にも対応できるように、郵便局専用のコールセンターが設置されます。

格安スマホの料金やスペックを検証

  • 初期費用 3,000円
  • 月額 1,600円(端末代一括払いの場合)
  • データ通信 3GB/月
  • 国内音声通話料金 20円/30秒
  • 通信速度 下り最大150Mbqs、上り最大50Mbps

非常にシンプルな内容となっています。

機種とスペックは?

機種は富士通のSIMロックフリー端末「arrows M03」です。

  • 外形寸法 約144mm×72mm×7.8mm
  • 重量 約141g
  • 連続待受時間 約640時間(LTE)/約780時間(3G)
  • バッテリー充電時間 150分
  • OS Android 6.0
  • ディスプレイ 約5.0インチHD
  • カメラ 約1310万画素 CMOS(アウト側)
  • メモリ 内部 ROM:16GB/RAM:2GB

主なスペックを書き出してみましたが、「arrows」だけあってそれなりにハイスペックです。

私も以前格安スマホを使っていた時期があります。

今は大手会社に戻していますが、また格安スマホにする時が来るかもしれません。

日本郵便のスマホだけではなく、他のスマホプランも見てみようと思います。

ちなみに以前は、SIMは『BIGLOBE』、端末は『フリーテル』のものを使用していました。

フリーテル

私が以前使用した端末はフリーテルのSIMカードが2枚入るというものです。

SIMカードが2枚入るなら便利なはず!!

と購入してしばらく使いましたが、SIMカードの切り替えがめんどくさくやめてしまいました。

※SIMカードは切り替えながら、1つのSIMカードしか使えません。

良い経験になったと思い、次に格安スマホを使用するときの参考にしたいと思いました。

フリーテルのHPを見たら、以前は地味な感じでしたが『佐々木希』さんが起用されており、今時のHPになっていますw

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする