シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年甲子園予選で波乱続出?浦和学院・敦賀気比等強豪校が予選敗退!

夏の甲子園予選で波乱続出!?強豪校・シード校が次々と敗れる!

2016.7.18 甲子園

梅雨が終わると夏が始まります!

その夏の風物詩 甲子園!!

その地方大会で波乱が起きています。

埼玉 浦和学院

春の埼玉県覇者 !秋季大会でも優勝しています!

甲子園に春夏通じて22回出場の強豪校です。

この浦和学院が埼玉大会4回戦で敗れました。

花咲徳衛や春日部共栄、大宮東、川越東、上尾など強豪校多い埼玉ですが、市川越に0-1で敗れています。

市川越の2年生投手メンディス海の左腕に抑え込まれたようです。

福井 敦賀気比

これまで4季連続で甲子園に出場している強豪です!

1994年からの12年間で春夏通じて14度甲子園に出場しています。

そして5季連続を目指した敦賀気比ですが、

福井大会の初戦で敗れています。

シード校ですので2回戦からの登場となった敦賀気比です。

坂井高校相手に延長15回を戦い2-4で敗れました。

愛媛 川之江/済美

第1シードである川之江が松山聖稜に1-5

第2シードである済美が新居浜商に6-9

初戦敗退!

こちらもシード校ですので愛媛大会2回戦からの登場となりました。

地方大会で第1シード、第2シードともに初戦敗退という珍しい結果になりました。

どちらも投手継投に対し、相手高校は一人の投手が投げ切っています

投手力・打撃力ともに相手に押されて敗れたようですね。

大阪 PL学園

野球部の存続が危ぶまれているかつての名門PL学園!

桑田・清原のKKコンビなど多数のスターを生んだ名門校が大阪大会の初戦で姿を消しました。

最近では甲子園に出場することもなくなり、プロ野球に進む選手もいなくなりました。

最後の甲子園出場は2009年の夏となっています。

※社会人野球や大学野球で活躍している選手はいます。

大阪 大阪桐蔭

春の選抜出場校で大阪大会の優勝候補だった大阪桐蔭!

3回戦で関大北陽に敗れました

スコアは1-2!

先発の高山投手が二桁奪三振と好投したが、打線がつながらず惜敗しました。

相手の関大北陽の投手の変化球と深い守備に阻まれ、強打を誇る大阪桐蔭が本塁打のわずか1得点のみでした。

沖縄 糸満

九州大会ベスト4で第1シードの糸満

春の県大会覇者で今大会も優勝候補筆頭でした。

沖縄尚学と2強争いが注目されていましたが、

八重山商工に2-3で初戦敗退!

沖縄尚学も3回戦で敗れています。

大分 鶴崎工

秋の県大会を制し、第1シードである鶴崎工業

延長12回を戦い、2回戦である初戦で姿を消しました

明豊や大分は残っており、他のシード校はほぼ順調に勝ち上がりを見せています。

岩手 花巻東

昨年の県優勝校であり、春の県大会で準優勝の花巻東

今回もシード校として甲子園出場を狙いましたが、初戦で盛岡工に敗れました

スター選手を輩出している高校だけに初戦敗退は早すぎる終わりとなりました。

京都 龍谷大平安

春4強の龍谷大平安が4回戦で姿を消しました。

相手は福知山成美!強豪校です。

波乱という結果ではありませんが、龍谷大平安は甲子園通算99勝をしています。

あと1勝で史上2校目の甲子園100勝を目指していましたが、今年の夏はかないませんでした。

佐賀 龍谷高校

これは試合に敗れたわけではありませんが、注目記事として載せておきます。

佐賀大会のベスト4まで勝ち進んでいた龍谷高校で野球部の部室が一部燃える火事がありました。

原因はたばこの吸い殻!

このことを受け龍谷高校は出場を辞退!

準決勝を控えていましたが、辞退しました。

聞き取りの結果、3年生4人が喫煙したとのこと。

甲子園まであと2勝と迫っていただけに残念ですね。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする