シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都知事選はどうなる?選挙は批判合戦?選べない都民!

東京都知事選が中盤を迎え、新たな事件も出てきました!そんな中、具体的政策よりも批判の声の方が目立ちます。

選挙戦の中盤で各候補ともここからさらに勢いをつけたいところ。

そんな中都知事選の主役と言える二人に事件?が起こりました。

小池百合子氏の事件

Twitterで「小池百合子殺す」とつぶやき逮捕された男性がいました。

書き込みは7月19日午後11時25分頃!

Twitter

明日の朝7時52分、散弾銃で小池百合子を殺す

と書き込んだ疑いで男が逮捕されました

どうして選挙中に立候補者を殺すなどと書き込みが出てくるのでしょう?

もちろん個人的な好き嫌いはあるかもしれません。

しかし平気でこのような書き込みをする人間がいることが問題です。

いったい何を考えて書き込んでいるのでしょうね。

  • ただ目立ちたいだけなのか?
  • それとも恨みなのか?
  • 陥れるための誰かの指示なのか?

本人にしかわかりませんが、選挙でこのようなことが出てきてほしくないですね。

鳥越俊太郎の淫行記事

これは実際の事件ではありませんが、鳥越氏に淫行疑惑があるようです。

週刊文春が記事にて掲載を予定しているもので、

以前、男性経験のない大学生の女性に強引にキスしたとのこと。

これもなぜこのタイミングで出てくるのか?

この記事が事実ならば、週刊文春はもっと早くこの話を知っていたのではないのでしょうか?

ネタを保存しておいて、使う時期を見計らって出したように思えます。

この情報はタレこみから判明したとのことです。

鳥越俊太郎氏が東京都知事選に出馬する、しないに関わらず情報を打ち明けることはできるわけです。

私はこの記事が嘘だったと思いたいですが、世の中何があるかわかりません。

もしかしたら本当かもしれませんね。

増田寛也の事件

増田さんは事件がないので、私が勝手に事件にしました。

知名度が低すぎる事件ww

まぁ事件と言うよりも悲しい現実ですね。

小池・鳥越の両氏に比べるとどうしても知名度がありません。

Twitterのフォロワー数はかなりの差があり、多くの人の目にとどまることがありません。

そこで演説で知名度アップのパフォーマンスを積極的に行っています。

まずは名前のプラカード!

写真撮影や握手のときに有権者から「増田寛也」の文字が常に見えるように、スタッフが名前が書かれたボードを持ってひたすら移動します。

そして写真撮影後のSNS拡散!

自身のフォロワーが少ないので、有権者頼みです。

有権者のスマホで写真を撮り、SNSへのアップを促します。

自分のSNSではなく有権者のSNSなら不特定多数の人の目にとまることになります。

それが後々大きな力を生みそうですね。

それぞれの声

それでは演説ではどうでしょう。

実際の演説をテレビ等で見ていると、政策のほかに他の候補者を批判するような声がよく聞こえます。

自分に自信があり、政策にも自信があるのだったら、それをアピールすれば良いと思います。

他の候補者がどうのこうの言う暇があるなら、少しでも自分の政策を知ってもらう方が印象は良いです。

他の候補者の批判を言っていると、「またか」となります。

本来選挙と言うものは、他の候補者との競い合いであり、けなしあいではありません。

競う前に他の候補者を陥れてしまおうという魂胆にはうんざりです。

政策面で行くと、一番力がありそうなのは増田さんです。

次に小池百合子さん。

最後が鳥越俊太郎さんです。

このままいけば無所属の小池さんが有利かもしれませんね。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする