シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小池百合子が初の女性東京都知事に!今後の東京都はどうなる?

東京都知事選で小池百合子さんが初当選!初の女性での東京都知事の誕生!

先日の東京都知事選は小池さんの圧勝でしたね!

最初に鳥越俊太郎さんが出てきたときは鳥越さんが知名度でいくかなと思ったのですが、話題性がダントツの小池さんが当選しました。

東京都民以外も関心が高かった今回の東京都知事選!

小池百合子さんのオフィシャルサイトを少し見てみましょう。

『東京大改革宣言』

都民と進める。

都民が決める。

このキャッチフレーズが最初に出てきます。

過去2度に渡り、「政治とカネ」の問題で任期途中で辞任した二人のようにならないために都民としっかり向き合い政策を進めることを押し出しています。

基本理念

自由と平和を希求するわが国が世界において尊厳ある地位を確保し、国民が未来に対し自信を持ち、自らの夢を実現する選択肢を有する自由な国家を築く。

とあります。

国民のために、自由な選択ができる国家を築くことを想っているようです。

今回の都知事選にも都民のために尊厳ある立場として「カネ」の使い道の徹底的な見直しや、保育関係の政策をかなり前面に押し出していました。

ただ朝のニュース番組「モーニングショー」のインタビューを聞いていたのですが、肝心なとこは濁します

ここは政治家は皆さん同じですね。

「そのつもりです」

「見直します」

「可能なものはやります」

など少し中途半端です。

例えば報酬の見直しです。

「報酬の見直しが必要です。」

と発言しても

「必ず報酬を減らします。」

とは発言しません。

小池さんに限らず、皆さんが同じように濁すため誰が良いとか悪いとかの判断がつきにくいのも現状です。

話がそれてしまいましたね…

それたついでに少し小池さんのプロフィールを紹介します。

小池百合子

生年月日 1952年7月15日(64歳)

出生地 兵庫県芦屋市

高校卒業後は関西学院大学に入学しましたが、中退してエジプトのカイロ・アメリカン大学へ留学しています。

卒業後アラビア語の通訳として活動していました。

日本でニュースキャスターも務め、テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」の初代メインキャスターも務めました。

1992年に参議院議員初当選するも、任期途中で辞職。

1993年に衆議院議員総選挙に出馬し初当選をはたしました。

政党は「日本新党」「新進党」「自由党」「保守党結党」「自由民主党」と参加しており、途中は小沢一郎氏の側近としても活躍していました。

小泉政権や第1次安倍政権のときには環境大臣や防衛大臣も務め、様々な取り組みを行っています。

「クールビズ」の旗振り役を務めたのも小池百合子さんです。

そして2016年東京都知事選において自民党からの推薦なしに、立候補してしまいます。

7/31の投開票の結果、2位以下に圧倒的な差で勝利し、初の女性東京都知事の誕生となりました。

さて本題に戻りますww

小池さんのオフィシャルサイトです。

基本理念の次は「政治改革に取り組む姿勢」を見てみましょう。

小池さんは”5つのC”として次の5つを掲げています。

1.Check,点検社会のしくみを見つめ直す。何を守り、何を改革するかをチェック。

2.Challenge,挑戦

変化を恐れぬ勇気。チャレンジ精神を失ったその時から後退が始まる。

3.Change,変化

過去の延長ではなく新しい発想でしくみから変える。

4.Create,創造

発想の転換。前例に捕らわれず、柔軟に大胆に。

5.Communicate,対話

発信と受信。対話の中で確かな信頼が生まれます。

この中の”挑戦”や”創造”というものを強く感じたのが、小池氏の掲げる保育所です。

待機児童の対策として話していたことがあります。

空き家問題との合併です。

現在東京都に限らず、日本全国で問題となっている空き家。

この空き家を活用して保育所をつくり待機児童を減らすというものです。

他の候補者にはない具体的な内容を唯一挙げていたものです。

待機児童の問題には、「場所」と「人」の二つが必須となってきます。

そのうちの「場所」に関しては、法整備によりこれで解決できるかもしれません。

問題は「人」ですね。

保育士の給与が安いことは有名です。

それを改善しない限り「人」の問題は解決しないでしょう。

小池さんがどのように解決していくのか楽しみです。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする