シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

100円ショップの老眼鏡で視力回復!?ジョブチューンで平松類が暴露!

まさか100円均一の老眼鏡で視力が回復するなんて!!

皆さんびっくりではありませんか?

私はかなりびっくりしました。

私はコンタクトか眼鏡がなかったら生活できないほど目が悪いです。

そんな私が食いつく情報がありました。

7月2日放送の「ジョブチューン★医者ぶっちゃけSP★ベストセラー医療本を書いた名医が大集合」というものです。

ジョブチューンとは

様々な職業のプロフェッショナルが、自らの職業のヒミツをぶっちゃける

と番組紹介にあるように、その職業のプロが様々な情報をぶっちゃけてくれます。

出演者

MC ネプチューン(名倉潤・原田泰造・堀内健)

進行 田中みな実(フリーアナウンサー・元TBSアナウンサー)

その他レギュラー バナナマン(設楽統・日村勇紀)・土田晃之

過去の内容

最近では、「たけのこの里」や「かっぱえびせん」を題材にした「大好評!国民的大ヒット食品のヒミツぶっちゃけSP第3弾!」や「ミスタードーナツ」「ニトリ」の「家族連れに大人気のお店スペシャル」、リアルな警察の裏側をぶっちゃける「大好評!警察スペシャル第6弾!夜7時56分から2時間SP!」などが放送されています。

どれも魅力的なタイトルで、番組をぜひ見たくなりますね。

他にも、「全国のおみやげ」や「学校の先生」、「女子アナ」、「現役女性医師」など魅力的なものばかりです。

少しマニアックなものですと「超一流漁師が集合」や「超一流農家」、「県知事大集合」など普段接する機会のないものもありました。

私個人としては、最近政治や国際問題がニュースになっているので、県知事大集合は気になりましたね。他にも「年収1000万以上稼げる職業SP!」もありました。今時の世の中、給料が上がらず苦労ばかりです。私も特別に給料が良いわけではありません。だからこそ「年収1000万」が気になりましたw

「医者ぶっちゃけSP★ベストセラー医療本を書いた名医が大集合」

さて本題に戻ります。

2016年7月2日放送分の「ジョブチューン★医者ぶっちゃけSP★ベストセラー医療本を書いた名医が大集合」です。

見ていて気になることがありました。

眼科医の平松類先生のぶっちゃけです。

老眼&近視は100円ショップの老眼鏡で回復するというのです。

私は視力0.1以下のため非常に気になりました。

スポーツをしているため眼鏡やコンタクトなしに視力が良い人がどれだけうらやましいことか!

ぶっちゃけたのは平松類先生です。

平松類

2016.7.2 眼科医平松類

名前 平松類

出身地 愛知県田原市

出身校 筑波大学付属駒場高校・昭和大学医学部

職業 眼科医(さいたま市 彩の国東大宮メディカルセンター

著書

「ズルい健康法」

「伝え上手な患者になる」

「緑内障の最新治療」

「目が良くなる!!10の眼トレ」

「クマや充血は毎日5分で消える!」

「100円メガネで視力は回復する!!」

等があります。

100円ショップの老眼鏡で視力回復!?

老眼鏡をかける目的は?

目のリラックス効果だということです。わざと見えない老眼鏡をかけることで、見えない状態でリラックスするそうです。

一生懸命見ようとせずに、ぼーっと見える状態をぼーっと見る感じで良いそうです。みる所は1m以上先です。それはテレビでも風景でも、何でもかまいません。

かける時間は?

1回5分間!

ただし途中で頭が痛くなったり、気分が悪くなったら1回休みを取りましょう。

1か月間続けた方が良いですが、1回でもリラックス効果はあるので視力回復とまではいかなくても視界がスッキリ感じる人もいるようです。

かけた効果は?

なんと視力が回復するとのことです!

ただし0.1以下まで視力が低下している人は、疲労回復等の効果は期待できても視力が回復していくことはあまりないそうです。

残念!!

私の視力はすでに0.1以下まで落ちています。視力回復に期待していましたが、効果は薄そうです。しかし100円(税込み108円)で試せるなら是非試してみたいです。

老眼鏡の度数は?

100円の商品ですと、ほとんどのショップが3段階です。

真ん中のレベルの物を使用しましょう。

100円ショップの老眼鏡がなくなる日!?

このような放送を見ると、買って試したくなります。老眼や近視の人ならなおさらです。

明日は100円ショップの老眼鏡が1つの度数だけなくなるかもしれませんねw

私も家の近くの100円ショップに買いに行きます。

毎日5分続けて、どれくらい効果がでるか試そうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする